理容師の求人に応募する人必見!仕事内容や資格について知ろう

業界未経験の方もチェックしたい理容師求人のアレコレ

理容師に必要な資格

一般的なルートとしては、高校卒業後に理容専門学校へ二年通います。または通信制で三年でもいいでしょう。そこでノウハウを学び、理容師国家試験を受けて合格をすれば、理容師へ無事就職できます。

理容師の求人に応募する人必見!仕事内容や資格について知ろう

美容院

資格がない場合

美容師だけど、理容師の資格を取得してみたいという方も多数在籍しているので、立派な理容師を目指す環境としては十分でしょう。そういう求人を見つけて再チャレンジしてみてくださいね。

理容師国家試験の概要

理容師の資格を得るための国家試験では筆記試験と実技二つを受ける形になります。学科は、制度や関係法規、衛生管理が主です。技術においては、カッティング、シェーピング、整髪の並びなどをトータルでチェックして、点数が合格ラインに到達していたらOKです。資格があるだけで就職に役立つので、本気で理容師を目指すなら取得しましょう。

お店の環境

求人へ応募をする前の知りたいのが職場の雰囲気です。店舗で違いますが、他の仕事に比べて長く働くことが多いようです。最近は、高齢者や障碍者に向けたサービスの必要性が高まっていて、理容師へ期待が寄せられています。雇用形態は社員のみならず、アルバイトやパートを求人でよく見かけるようになり、応募しやすい状況です。ブランクがある人や、経験者優遇の求人が多数あるので、この機会に職場復帰をしてもいいでしょう。

気になる仕事内容

男性のお客さんの髪を切ったり、揃えたりするのが理容師の仕事です。また、パーマをあてたりカラーリングをしたりと美容師と何ら変わらない仕事内容です。近年は、女性のお客さんが産毛処理をするために来店しており、年齢性別問わず多くの人が足を運びます。高齢化社会に伴い、お客さんの体調をみながら行うケア専門の理容師の育成も盛んなので、社会貢献がしたいという方も少なくありません。

こんな人が向いている

接客が好き

お客さんの髪や顔に直接触れる特別な仕事なので、安心や信頼を与えられるような人は、理容師として大成するでしょう。お客さんの中には薄毛で悩まれる方も来店するので、失礼にならないようにおすすめの髪型やボリュームの出し方などのアドバイスをやんわりできる人も向いています。一人ひとりに合わせた接し方が必要なので、コミュニケーション能力は必須と言えます。

流行に敏感

「どのような髪型にしますか?」と質問をしても「理容師さんのお任せで」と注文する人もいます。その人に合うヘアスタイルを提案するには、今流行りの髪型をリサーチする必要があります。おしゃれに関してアンテナを張っているような人は理容師に向いているでしょう。ヘアスタイルをよりステキにする仕事なので、おしゃれを通じて感性を磨くことも重要ですね。

体力に自信がある人

理容師の資格を取っても、とても厳しい下積みがあるので、数時間以上たちっぱなしなんてことはよくある話です。忙しい時期は、一日中忙しいのでお昼休憩に入れるかどうかも怪しいです。業務が終わった後も練習して技術を磨かなくてはなりません。他の仕事より拘束時間が長いものの、体力的に自信がある人だと乗り切れるでしょう。